林田医院メインビジュアル写真
新着情報

※[休診日]日曜・祝日
※火曜日、金曜日の13:30から15:00までは、在宅患者の方への往診をしております。
※水曜日の☆は不定期診療の印です。5・6月水曜診療の予定はありません。

新着情報

[2020年5月22日]
発熱外来休止のお知らせ この度、さいたま市保健所と市内医療機関との連携体制が構築されました。また、埼玉県での感染者の減少も見られ、当院での受診者も少なくなっておりますので、5月25日より発熱外来を休止いたします。ただし、かかりつけ、近隣の方で発熱、感冒様症状のある方はお電話をいただいたうえ、時間を指定して診療いたします。
■また、同じく5月25日より、電話診療は高齢者(原則70以上)でかつ、基礎疾患(ハイリスク)の方に限定いたします。
■6月2日より、消化器内視鏡検査を再開いたします。感染予防のため、従来と比べ多くの検査を予定できませんので、ご了承ください。
■6・7月の土曜日の診療は6月6日、20日、7月4日、11日、18日は林田啓医師、6月13日、27日、7月25日は院長が行います。

[2020年5月15日]
■発熱外来の受診者はこれまでの4週間で1日に平均2名弱程度です。
引き続き来週も施行する予定ですが、午後に来院される方もあり、
午前中は11時30分以降12時まで、午後は17時30分以降18時までの受付とします。
一般診療は、午前中は11時15分まで受付、11時30分までの診療、
午後は17時15分受付、17時30分まで診療とします。
■緊急事態宣言の解除がなされた場合は、徐々に対面での診療に移行してまいります。
高齢者で、かつ、基礎疾患あり方は、電話診療を続けることもございます。

[2020年5月9日]
■厚生労働省が新型コロナウイルス感染に関する相談・受診の目安を変更しました。息苦しさ、強いだるさ、高熱のいずれかの症状などがあれば、保健所に設置された帰国者・接触者相談センターに相談せよとのことです。味覚・嗅覚障害については、専門家間の合意がないとして明記されていません。
重症化しやすい高齢者らについて、従来は風邪の症状などが「2日程度続く場合」としていましたが、新指針では、比較的軽い風邪の症状があればすぐに相談すべきで、高齢者らでなくても、比較的軽い風邪の症状が4日以上続く場合は必ず相談するよう求めています(時事通信より)。
■これに伴って、当院の発熱外来の受診基準を以下のように変更します。
1.平熱から0.5度以上の体温上昇
2.咳痰、咽頭痛、鼻汁などの感冒様症状
3.軽度のだるさ(倦怠感)、息苦しさ(呼吸困難)
4.味覚・嗅覚の異常
のいずれかがある場合、高齢者、基礎疾患を有する方は一つでも、それ以外の方では二つ以上あれば受診を考えてください。ただし、これは一つの目安であり、該当しない場合でも診察、相談には応じます。  
ただし、高熱(厚労省は自身で判断せよとのことでしょうが、目安として平熱から1.5度以上の体温上昇ぐらいかと思います)、強い倦怠感、呼吸困難は当初に書かれているように帰国者・接触者相談センターにご連絡ください。

新着情報

■問診票はPDFファイルから印刷ができます。前もってご記入可能です。

■予約診療について
当院では予約制を併用しております。
受け付け順に診察していないことにお気づきでしょうが、予約の方がおられるためです。
予約方法:再診の方が次回の予約を院内で受け付けております。
予約日時の変更は電話にてお受けしておりますが、できるだけ1週間前までにお知らせ願います。日時の変更ができかねる場合もございますので、ご了承ください。
なお、予約の場合、血圧を測定される方は予約時刻の10分前にそうでない方も5分前には受付を済ませてください。 急患などで遅れることもございますので、その際はご容赦ください。また、具合の悪い方は受け付け順にかかわらず、適宜、診察をします。看護師、職員にお申し付けください。