林田医院メインビジュアル写真
新着情報

※[休診日]日曜・祝日
※火曜日、金曜日の13:30から15:00までは、在宅患者の方への往診をしております。
※水曜日の☆は不定期診療の印です。7月の水曜診療は7月22日に予定しております。

運動指導票

当院では毎月、生活習慣病の方に生活習慣指導箋をお渡ししてきました。
新型コロナウィルス感染症の流行で不足しがちな運動を家庭で行えるように運動指導箋も作りました。高齢者、比較的体力の落ちている方を対象としています。
プリントだけでなく、サイトにも5、6月分に引き続き7月分をアップいたしました。
PDFファイルとして納めましたので、ご覧になってください。
5月度 【5月度イラストはこちらです】 【5月度説明はこちらです】
6月度 【6月度イラストはこちらです】 【6月度説明はこちらです】
7月度 【7月度イラストはこちらです】 【7月度説明はこちらです】
                                   2020年7月6日

林田医院からのお知らせ

[2020年6月29日]
■7・8月の土曜日の診療は7月4日、11日、18日、8月1日、8日、22日、29日は林田啓医師、7月25日は院長が行います。8月15日は休暇をいただきます。
■7月22日の水曜日は午前中診療(院長)を行います。
■ただいま、発熱外来は特別に設けておりません。
発熱、感冒症状で受診を希望される方は前もってお電話ください。
来院時間をお伝えいたします。

[2020年6月23日]
■7月22日水曜日は午前中の診療を行います。
■8月9日(日)から8月16日(日)まで夏季休暇をいただきます。
ご迷惑をおかけしますが、ご容赦ください。

[2020年6月8日]
■新型コロナウィルス抗体検査についての続報です。
当院で委託している検査会社の採用しているものはスイス・ロシュ社製の検査薬で、PCR検査陽性者の陽性判定後0〜6日の感度(陽性者を陽性と判定する確率)66%、7〜13日は88%、14日以降は100%でした。特異度(陰性者を陰性と判定する確率)は99.8%と報告されています。IgMとIgG抗体の両方を測定しています。
米国FDAの発表では感度100%、特異度99.8%、陽性的中率96.5%、陰性的中率100%です(筆者註:感染14日以降に検査した場合と判断されます)。簡易検査キットのイムノクラマト法に比べ高い精度といえます。 なお、検査委託料金の過ちがあり、検査料は13,200円と訂正いたします。また、会社、団体などで複数の方の検査をご希望の場合は料金の相談に応じます。

[2020年6月1日]
■本日、6月1日より新型コロナウィルス抗体(抗SARS-CoV2)の検査が可能となりました。検査方法は電気化学発光免疫測定法(ECLIA法)で、簡易検査キットに用いられるイムノクラマト法とは異なります。血液で調べることができ、3日程度で結果が判明します。陽性の場合、「過去に新型コロナウィルス感染症に罹患した」ことを意味しますが、現在の感染の有無を調べる目的では用いられません。また、抗体を有しているからといって再度、感染しないという保証はありません。精度(感度、特異度)などについては現在、調査中で、臨床的有用性についても研究段階で、未確認のことです。
健康保険の適応はありませんので全額自費負担となります。当院では、結果はご自宅に郵送します。それらを含め、料金は税込みで14,300円です。
検査の意味合いからして、現在も含め、過去14日以内に発熱、感冒症状のあった方はご遠慮ください。

[2020年5月29日]
■緊急事態宣言が解除され、急遽、検診を開始せよとのさいたま市からの連絡が届きました。
当院では6月1日から開始いたします。
今年度の検診は新型コロナウィルス感染症流行により開始時期が遅れており、さらに、第2波の流行が来た場合、中止せざるをえなくなる事態もあると思われますので、早期の受診をお勧めします。

診療に関して

■問診票はPDFファイルから印刷ができます。前もってご記入可能です。

■予約診療について
当院では予約制を併用しております。
受け付け順に診察していないことにお気づきでしょうが、予約の方がおられるためです。
予約方法:再診の方が次回の予約を院内で受け付けております。
予約日時の変更は電話にてお受けしておりますが、できるだけ1週間前までにお知らせ願います。日時の変更ができかねる場合もございますので、ご了承ください。
なお、予約の場合、血圧を測定される方は予約時刻の10分前にそうでない方も5分前には受付を済ませてください。 急患などで遅れることもございますので、その際はご容赦ください。また、具合の悪い方は受け付け順にかかわらず、適宜、診察をします。看護師、職員にお申し付けください。